きになるイボにさよならしよう!

漢方薬で治療する

いぼができてしまったら、病院や美容クリニックで除去施術をするのが一般的ではありますが、小さないぼであれば内服薬を使って治療する方法もあります。
いぼを治す内服薬としてよく知られているのはヨクイニンという漢方薬です。
ヨクイニンは、古くから中国で使われているいぼ治療のクスリで、いぼ治療だけでなく美肌を作る漢方薬としても人気があります。
ヨクイニンというのは、イネ科の植物であるハトムギの種の殻を砕いて、その中身を乾燥させたものです。そのため、ヨクイニンは、日本ではハトムギといったほうが馴染みが深いかもしれません。
ヨクイニンには、タンパク質やカルシウム、カリウム、ビタミン、鉄などの栄養素を豊富に含まれています。
レーザー手術のようにいぼを除去する効果があるわけではなく、体の免疫力を強化することでいぼの原因であるウイルスを撃退するというものです。いぼは、体の免疫力が落ちている時にできやすいため、ヨクイニンを服用することでいぼのウイルスに負けない体づくりをサポートできるのです。
そのため、服用したからといってすぐにいぼがキレイになるというわけではありません。
いぼをヨクイニンだけで完治させるには、かなり期間がかかるといわれています。数ヶ月または1年以上服用を続けることで、だんだんといぼが小さくなり、新しいいぼができにくい体質に身体を改善することができるのです。ですから、いぼを早く完治させたいという人には、病院や美容クリニックでのレーザー治療や除去治療を優先させたほうがいいでしょう。

しかし、ヨクイニンには、美肌を叶えるのに最適な栄養素が豊富に含まれています。ですから、いぼをキレイにするだけでなく、総合的に肌をキレイにしたいという人にとっては服用する価値の高いクスリなのではないでしょうか。